• TOP
  • >
  • 小川光一に関する100問100答

100問100答

A1:僕の印象として「ミステリアスな人」「何を考えているか分からない」とよく言われるので、このページで僕のことを少しでも知ってもらえたらと思ったからです。
 

A2:1987年5月29日です。1歳7か月の時に昭和時代が終わりました。
 

A3:「何型だと思う?」という面倒くさい絡み方をすると、9割の方にB型かAB型と言われます。A型です。
 

A4:179cmです。体格が大きいので、「もっと高いと思っていた」と言う人。猫背なので、「もっと低いと思っていた」と言う人。反応は様々です。
 

A5:左利きです。ただ、ものによっては両方を使うことができます。字は右で書いた方が綺麗だったりします。
 

Q6:チャームポイントは「年齢不詳」なところです。スーツ姿でいると40歳くらいに間違えられて、私服でいると25歳くらいに間違えられることが多いです。あと「声」はよく褒められます。
 

A7:声や喋りなどには自信があるので、自分のラジオ番組を持ちたいと密かに思っています。何か良い話があった際には、是非よろしくお願いいたします。
 

A8:日本の歴史に残る「防災ボードゲーム」を開発したいです。防災側からの切り口で作られたものは幾つか存在しますし、大変勉強になるものばかりですが、防災に関心がない人が「何回も遊びたくなるか」と言われと、ちょっと厳しいだろうなと思います。「純粋に面白過ぎて何回も遊びたくなるボードゲームの内容が、たまたま防災だった」という娯楽側からの切り口で、本気の開発をしたいと思います。僕を信じてスポンサーや出資者などになってくださる方、ご連絡お待ちしております。
 

A9:偏見で人を判断するような人間が近寄って来なくなるからです。そして、大体悪い印象スタートなので、僕の人生を通して「第一印象で人を決めるのは良くないな」と思ってくれる人が一人でも増えてくれたら。そのためにも人として真摯に生きていけたら。そんな風にも思っています。
 

A10:よく言われます。大卒です。
 

A11:よく言われます。大卒です。
 

A12:大学はスペイン語専攻でした。英語よりも得意です。あとは、日本語、インドネシア語、トルコ語、ドイツ語、クメール語、ベンガル語、ルガンダ語などを勉強したことはありますが、レベルはバラバラです。
 

A13:ルービックキューブを六面揃えられます。最高記録49秒でカチャカチャといけます。ただ、大会とかに出られるレベルでは決してないので、「あまり知られていない特技」に結果甘んじている格好です。
 

A14:オレンジジュースと味噌汁を混ぜると、めっちゃくちゃマズいです。できれば誰にも知って欲しくない恐ろしい秘密だと思っています。
 

A15:「光一くん」「光一さん」「こーちゃん」「くまさん」「KOKO」と呼ばれることが多いです。苗字で呼ばれることが苦手です。可能な限り、呼ばないでください。
 

A16:身体がもふもふ大きいことやのっそりと喋ることから自然とそう呼ばれるようになりました。派生型として「くまちゃん」「ちゃんくま」「くま」と呼ぶ人もいます。
 

A17:海外の人にとって「こういち」という発音は難しくて、いつも変な風に呼ばれるのですが、インドネシアでホームステイした22歳の時にホストマザーに「KOKO」と命名されたのが始まりです。海外用あだ名です。
 

A18:車厘(ゼリー)。
 

A19:家事を手伝うとその度に、家の向かいにある自動販売機でオレンジソーダを買ってもらえるのが、僕の幼少期のモチベーションの全てでした。
 

A20:人智を超えた記憶力。
 

A21:シロアリに対する厭悪心。
 

A22:世界の何処かで誰かが被っている不条理を心から悲しめる気持ち。
 

A23:明太子フランスパン。
 

A24:つつじの花、吸ったら蜜が出てくるやつ。
 

A25:ツナマヨネーズ。これがまさか天下の定番メニューになるとは本人も思わなかったと思います。
 

A26:ヘリコプター。それですぐ脱出します。
 

A27:ホグズミード村でバタービールを飲みます(inspired by ハリーポッター)。
 

A28:UVERworldのTAKUYA∞さんと対談したいです。
 

A29:「その予想が付き始めたら、自分の人生終わりだなあ」とよく思っています。目標ならたくさんあります。
 

A30:過去の自分が選んだ道の積み重ねで今の自分がいますが、選ばなかった道はもうどんな道だったか分からないわけで。選んだ道を正解だったと思えるまで頑張れるか頑張れないかでしかないわけで。過去の自分たちに「お前が選んだ道は間違ってなかったぞ」と肯定し続けてあげることが一つ、僕のモチベーションになっています。
 

A31:「何でこの映画を作ったんですか?」「今の活動を始めるキッカケは何だったんですか?」のような、動機を「線」ではなく「点」で聞いてくる質問が苦手です。誰のどんな決断にだって様々な背景があるのに、点の答えだけで過去と現在を勝手に結んで、僕の思想を理解した気になる人がとても多いからです。
 

A32:僕が映画や書籍の中に潜ませた仕掛けに気付いて、その意図について追究してくる質問は嬉しいです。まだ一度もツッコんでもらえすに眠り続けている仕掛けもたくさんあります。
 

A33:「藍色と黄色」の組み合わせが一番好きです。
 

A34:『おしゃかしゃま』(RADWIMPS)、『なんちって』(RADWIMPS)、『花』(ORANGE RANGE)あたりは、一緒に行った人に感動してもらえることが多いです。特に、おしゃかしゃまはテンポをMAXまで上げて超絶早口で歌うので盛り上がります。
 

A35:「シロクマ」らしいです。
 

A36:もし可能ならば1回休ませて欲しいです。
 

A37:他の三季を突き放す形で、圧倒的に「冬」です。
 

A38:「え?桜じゃないんだ」とよく言われますが、「蒲公英(たんぽぽ)」です。
 

A39:小慣れた感じで話すようになったら、伝わる言葉も伝わらなくなると思うので。あえて自分を緊張するようにいつも追い込んでます。
 

A40:ビジネスバッグで基本行動しています。「機材を積んでいるので、スーツケースでガタガタ振動ができないから」「耳からストレスを感じるタイプなので、スーツケースのガラガラ音が苦手だから」の二つが理由です。
 

A41:自分の中で45分前後にするようにしています。「ドキュメンタリー映画は退屈になりがちなので、長くて飽きないように」「今後の日本を担う若者にこそ観てもらいたいので、授業時間に収まるように」の二つが理由です。
 

A42:「この問題を伝えたい」と強く思った時に、その伝える手段として映像を選ぶことがあるだけです。なので、映画を作りたくて、題材を選んだことはありません。そのプロセスが逆になるだけで、作品の中になかなか魂は宿らないものだと思っています。
 

A43:「なんで〇〇の映画を作らないんですか!」と若干キレ気味に来られることはたまにあります。そんな時は「それだけ強い想いがあるあなたが作るべきです!」といつも言い返しています。大体それで相手はモゴモゴするし、会話は終わります。実際本当にそう思います。
 

A44:ドキュメンタリー映画やノンフィクション書籍を作っていく中で、「真面目なものを、真面目に伝えても、真面目な人にしか届かない」という本質を嫌というほど体感したからです。
 

A45:「若いのに偉いわね」「孫(息子)が同い年なのよ」は嫌いです。第一声がそれだと、そんなことよりも話を聞いていたのかなと悲しい気持ちになります。
 

A46:学校における講演で「寝るつもりだったけど、寝ないでよかった」みたいな感想をもらうことがよくあるんですけど、それが格別に嬉しいです。
 

A47:中高生です。見た目も実年齢も、一般的な講師の人たちよりも近い方なので、親近感や興味を持ってくれることが多いです。「若い人が若い人に伝える可能性」というものを信じている節はあります。
 

A48:「相手が本当に伝えたい言葉はどれなのか」をどこまでも突き詰めて考えるようにしています。自分が伝えたい言葉を並べて作品を作る自慰的な監督が世の中には多過ぎるので、そうならないように気を付けています。
 

A49:『THE SONG』(UVERworld)とかですかね。あと50曲くらい座右の曲あります。
 

A50:『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』『俺たちのフィールド』が好きです。でも、漫画自体をあまり読まなかったりします。
 

A51:『きっと、うまくいく』が圧倒的に一位の映画です。その一強に続く形で、『バタフライエフェクト』『舟を編む』『モンスターズインクユニバーシティ』なども好きです。
 

A52:僕の思考回路が西郷隆盛さんに似ていると言う人が結構いますが、個人的に好きな人物は吉田松陰さんです。全般的に長州維新志士が好きなので、山口県萩市などには度々旅行に訪れています。
 

A53:人間一個体として尊敬しているのは、ハインリッヒ・シュリーマンさんです。18カ国語を喋れたという伝説の考古学者です。
 

A54:イッヌもネッコも大好きです。強いて言うなら、前者です。大型犬の類、秋田犬の類をいつか飼いたいなあと思っています。
 

A55:空が一番好きです。強いて言うなら、山が好きです。
 

A56:フライドエッグ(生卵を油に放り込んで揚げるやつ)が一番好きです。強いて言うなら、玉子焼きが好きです。
 

A57:重度の猫アレルギーなのに、猫が好き過ぎるあまりに、猫カフェに入ってしまった時に自分狂ってるなと思いました。この話は、誰にしても「頭おかしい」と言われます。ちなみに開始10分にも満たず、ゲホゲホしながら退場しました。
 

A58:2009年にインドネシアを放浪した時、旅の拠点としてホームステイさせてくれた家族の中に、とりわけ懐いてくれた女の子がいました。そして、10年近い月日が経ち、ふと「元気かな」と思って、彼女のFacebookを覗いてみると、インドネシアで一二を争うアイドルグループのセンターになっていました。「何この味わったことのない衝撃……!」と心底ビックリしました。
 

A59:自分たち人間の世界しかないなんて、驕りにも程があるので、幽霊はいると思っています。ちなみに霊感はありません。
 

A60:自分たち人間の世界しかないなんて、驕りにも程があるので、宇宙人はいると思っています。ちなみに14歳の時に大きなUFOを見たことがあります。
 

A61:自分たち人間の世界しかないなんて、驕りにも程があるので、サンタクロースはいると思っています。ちなみに幼少期にサンタクロースが僕の元に来てくれたことはありません。
 

A62:「左0.03」「右0.01」という破滅的な視力の持ち主です。普段はコンタクトレンズを装着しています。コンタクトによって、視力が1.0まで上がるので、左目にいたっては100倍見える世界が変わります。
 

A63:耳からストレスを感じるタイプの人間なので、うるさい音は苦手です。また不規則な連続音なども、あまり得意ではありません。
 

A64:表在感覚の領域で語るとすれば、皮膚がとても薄い人なので、とても敏感です。特に温度覚の弱さは異常です。猫舌です。
 

A65:ずっと飲食店やシェフ見習いをしながら10代20代を過ごしてきたので、味覚は人よりしっかりとある方だと思います。
 

A66:鼻はそんなに良くないですが、悪くもないです。香水の臭いは嫌いですが、木や花などによる自然の匂いは好きです。
 

A67:最近になって急激に衰えてきたのですが、昔は周りがドン引きするくらい第六感が発動していました。ちょっとここに書けないような怖いやつです。気になる方は、僕に会った時に直接聞いてください。
 

A68:草履を捨てると出てくる妖怪。ちゃんと掃除しないと出てくる妖怪。物や環境、誰かを大切にする重要性。人として生きる姿勢を正してくれるような妖怪が多いので、「妖怪、好きだなあ」と思います。もちろん悪気しかない妖怪もいるので、要注意です。
 

A69:「件(くだん)」「べとべとさん」「異獣」あたりですね。ちなみに、いじゅうは「山の中で食べ物を分けてあげると、お礼に荷物を担いで山の出口まで運んでくれる妖怪」です。優しすぎる…
 

A70:「ドラえもんのロボット養成学校時代の仲間たちということで、のび太たちよりも友情が成熟している点」「様々な国をモチーフにしたドラえもんたちということで、一体一体の個性をグローバル視点で楽しめる点」などに魅力を感じるからです。ちなみにエル・マタドーラと怪盗ドラパンが好きです。
 

A71:「中身ごとのびちぢみカップ」が欲しいです。アイスやオレンジジュースをコップに入れて、赤いボタン押したら、そのまま大きくなるやつ。
 

A72:電車の中とかでスマホアプリに没頭している人を見ていると、インターネットの世界で強気になっている人を見ていると、スマホを消した方が良いんじゃないかなと思います。あと、タバコ。
 

A73:長州維新志士たちと山手線ゲーム対決します。お題は「新選組の隊士名」で。もしくはボビー・フィッシャーとチェス対決します。
 

A74:未来を知ったらつまらないから、消去法で「過去」に行きます。うる覚えの記憶が多いので、ちょっとした確認をしてこようと思います。
 

A75:「小籠包」が2番目に好きです。小麦粉からこだわって、最強の小籠包レシピを編み出し、孫の孫まで受け継いでいってもらうのが夢です。
 

A76:「フィンランド」が2番目に好きなEU加盟国です。暑い気候が苦手すぎて、もはや生命に関わるレベルなので、フィンランド辺りの寒い国に移住するのが目下の目標です。
 

A77:「梨」が2番目に好きな果物です。1番目、3番目、4番目がすべて酸っぱい系なので、梨だけがランキング上位の中で浮いています。
 

A78:「WWE」というアメリカのプロレスが2番目に好きです。シナリオが全て決まっていて、半永久的に続く「映画」「舞台」のようなエンターテイメントです。とりわけ印象に残っているシーンは、サバイバーシリーズ2014のドルフジグラーです。
 

A79:お酒は結構飲める方です。でも、飲み物自体が好きなので、アルコールの有無は正直あまり肝心ではありません。
 

A80:全く吸いません。あらゆる点で無駄な行為すぎます。ただ、タバコミニケーションの場にタバコを持たずによく混じります。不思議がられます。
 

A81:全くしません。あらゆる点で嫌悪している行為です。ただ、ギャンブルの素質はあるらしく、人付き合いで行なった際には、高確率で当たります。
 

A82:普段からテンションの振れ幅がない人なのですが、お酒を飲んでもそれは一緒で。「僕と飲んでも変化ないのでつまらないんじゃないか」とよく申し訳なくなっています。
 

A83:僕の仕事は色々な人の依頼や支えがあって成り立っているので、割と四六時中に渡って誰かに感謝しています。感謝の気持ちを忘れたら、僕の活動は終わりだなと思っています。
 

A84:カメ、熱帯魚、ウサギを飼ったことがあります。将来的には、犬を家族に迎え入れたいなあと思っています。
 

A85:ギター、ブルースハープ、ベース、ドラム、全部中途半端ですが、少しずつできます。若い頃はバンドでギターボーカルをしていました。
 

A86:大体オリジナル曲を演奏していました。歌唱力も大してない僕が、唯一プロの方にもよく褒められていたのが「作詞作曲」だったのです。自分が監督した映画の主題歌に使ったこともあります。
 

A87:「寝ること」です。眠りが浅いし、怖い夢ばっかり見るし、とにかく「寝るのが下手くそ日本代表」と言われています。寝る時間が来る度に億劫になります。
 

A88:眠りが浅いので、「寝起きの良さ」は100点だと思います。
 

A89:もう寝るのが下手すぎて、誰がいても、誰がいなくても、睡眠の質は低いことに変わりはない人生です。
 

A90:1回もないです。「募集中のシェアハウス」に入るとか絶対嫌だったので、信頼のおける友人たちと毎回一緒にシェアハウスを作る感じです。その時点で喧嘩が起きる確率はかなり低かったんだと思います。
 

A91:ここに書けないような事件はたくさん巻き起こりましたが、一つだけ、ずっと解決しなかった事件があります。自分たちしか入ることができないベランダの隅に、なぜか鍵のかかった扉があって、部屋の間取り的に、明らかにそこには空間があったんです。結局そのドアノブを壊す勇気はなく、退去しました。あの扉の奥に何があったのか。誰がいたのか。今でも謎のままです。
 

A92:新聞配達、牛丼屋、日本武道館のライブ最前列で乱入者を防ぐやつ、バーテンダー、中華料理屋、スペイン料理屋、コンビニエンスストアなどの経験があります。
 

A93:新聞配達です。誰かの食卓に、誰かの日常に、スッと手を差し伸べるようなアクションに思えて、とても好きでした。東京都内にて、数か所の地域で配達したことがあります。
 

A94:その二択だったらビアンカですが、バーバラが一番好きです。
 

A95:その二択だったらティファですが、ユフィやセルフィが好きです。
 

A96:『マリオRPG』『ファイナルファンタジー7』『キングダムハーツ2』です。4つ目が思い浮かばないくらい、自分にとってこの3つが不動の名作です。
 

A97:宇宙飛行士かパイロットだった気がします。どっちだったか、忘れました。たぶん空を飛びたかったんだと思います。
 

A98:サッカー選手だったと思います。
 

A99:スペイン語の翻訳家の仕事をしたいです。
 

A100:「Debemos vivir como lo que pensamos.por lo demás,pensamos como lo que vivimos.」です。スペイン語のことわざで「自分の考えたとおりに生きなければならない。そうでないと、自分が生きたとおりに考えてしまう。」という意味です。